クレンジング酵素0 危険 添加物

クレンジング酵素0は添加物豊富で危険?

ちょっと待て!クレンジング酵素0は添加物豊富で危険?

 

クレンジング酵素0は姉Agehaモデルのゆんころさんがプロデュースしたこともあり、非常に人気になっていますが、実は添加物が豊富で危険なのではないか、と心配な方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、クレンジング酵素0に含まれている添加物を詳しく確認していきたいと思います。

 

クレンジング酵素0の原材料・成分表示

クレンジング酵素0の成分表

 

こちらがクレンジング酵素0の成分表の表示です。ただ、これだけ見ても添加物がどれかっていうのは、少し分かりにくいですよね。

 

また、添加物といってもいろいろあるので、こんな区分けで分けてみたいな、と思います。

 

【栄養補助のための添加物】

デキストリン、プラセンタ、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、パントテン酸カルシウム、葉酸、ビタミンD,ビタミンB12、ヒアルロン酸、白金

 

【調整用の添加物】

クエン酸、クエン酸ナトリウム、香料、安定剤(ペクチン)、甘味料(スクラロース、ステビア、アセスルファムカリウム)

 

こんな区分けになると思います。もちろん、栄養補助のために入っている添加物は特に問題ありません。では、調整用に入っている添加物には、どんな危険性があるのか、一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

@クエン酸・クエン酸ナトリウム

クエン酸は一時期、疲れを取る栄養素、ということで人気になりましたよね。もちろん、クエン酸自体は栄養にもなる部分はありますが、クレンジング酵素0にクエン酸が含まれている理由は「pH調整剤」としての役割を果たしていると考えられます。

 

pH調整剤とは、要するに酸性にちょっと近づけるために入れている、ということです。酸性に近づけることで、液体自体の保存性を高めている、と考えてよいと思います。

 

もちろん、クエン酸自体を摂取することが体に毒ということはないので、特に気にする必要はありません。

 

A香料

香料の詳細はかかれていないので、何が使われているのか不明です。香料と一言で言っても、いろいろなものがあるので、何とも言えませんが、一般的なのは果実からにおい成分を抽出したりするものですね。

 

クレンジング酵素0は、グレープ風味なので、グレープからにおい成分を取り出しているのかもしれませんが、不明です。ただ、グレープから作られる香料はないみたいなので、何を使っているかわかりませんね。

 

B安定剤(ペクチン)

ペクチンは植物に含まれている糖類なので、基本的には天然由来成分の添加物と考えてOKです。

 

ペクチンは安定剤と書かれていますが、一般的には「増粘安定剤」といわれていて、要するに少し粘り気をつけるために利用される成分です。ジャムとかにも多く使われるそうですよ。

 

サトウダイコン、ヒマワリ、アマダイダイ(オレンジ)、グレープフルーツ、ライム、レモン、辺りから抽出された成分なので、特に危険性はないと思ってOKです。

 

C甘味料(スクラロース、ステビア、アセスルファムカリウム)

甘味料と書かれていますが、ここに書かれているのは「人工甘味料」が含まれています。人工甘味料は「0カロリー飲料」などによく使われていて、カロリーがないのに、甘味がある成分です。

 

もちろん、人工的に(化学的に)作られた成分であり、カロリーがないということは「体内で代謝できない」ということです。要するに体にとってゴミを取り入れているということですね。

 

そのため、あまり体にとって摂取してよいもの、というわけではありませんが、必ずしも毒性のあるもの、というわけではありません。

 

それぞれの安全性について、見てみましょう。

 

【スクラロース】

スクラロース自身は、非う蝕性で、虫歯の原因にならないことが報告されている。熱安定性が高い一方、水溶液中で優れた耐酸性・耐熱性を示し、耐光性・長期保存安定性にも優れるため一般的な食品加工工程においては安定な物質として認知されている。

 

特に大きな危険性はないと考えられています。虫歯の原因という声もありますが、砂糖などと変わらないのかな、という気がしますね。

 

【ステビア】

南アフリカではハーブとして扱われており16世紀ごろから親しまれています。日本に来たのは1970年ごろと最近の事です。甘味料としては液体タイプと粉タイプがあり、用途によって使い分けられるようになっています。観賞植物のハーブとしても人気があり、販売されています。

 

ステビアは天然由来の甘味料です。スクラロースとはちょっと毛色が違いますね。

 

【アセスルファムカリウム】

JECFAの評価では変異原性・ガン原性は認められず、本物質・加水分解物ともに毒性試験では無害、各種動物実験でも安全性が確認されている。1日の摂取許容量は0〜15mg/kg体重。製造過程で発がん性物質である塩化メチレン(ジクロロメタン)が溶媒として使われる場合があるため、一部では塩化メチレンの残留を不安視する声もある。

 

少し怖い記述がありますね。発がん性物質を含んでいるのではないか、という指摘のようですが、基本的にはない、といわれているようです。不安な方は、摂取しない方がよさそうです。

 

まとめ

クレンジング酵素0に含まれている添加物についてまとめてきましたが、参考になったでしょうか。少しだけ不安なのが、アセスルファムカリウムですね。
基本的には問題ないといわれていますし、配合量は極わずかなので、気にする必要はないのかな、というのが私個人的な見解ですが、何とも言えませんね。

 

⇒クレンジング酵素0の詳細を確認してみる